●環境プラス宣言

節水に伴う経費削減と環境への配慮

20世紀は【石油資源】の戦国時代であったのに対して、

21世紀は【水資源】の戦国時代とまでいわれている昨今です。

すでに地中海諸国ではカスピ海の水を輸入し、

中国でも50カ年計画で黄河と陽子江5000kmを結ぶ、

パイプラインの工事が始まっています。

日本は豊富な水資源の恩恵を受けることができており、

余程のことがない限り断水など行われることはありません。

それゆえ逆に「水」に対する自意識も少ないと言えます。

水道企業会計は地方自治体の独立採算制のため、

水源確保に要する負担金や水利権・ダム建設・上下水水道処理市場の増設など、

すべて利用者負担となって跳ね返ってきています。

水道水1㎥を浄水し、

これを下水処理して海に返すまでの経費は¥300以上かかっています。
 
世紀末より新世紀にかけて、

地球の温暖化とともに地殻変動による水脈の寸断、

自然界の突然変異や異常気象など、

「水」に対する不安材料は世界的な問題として、

「水戦争」が始まりつつあることも事実です。

飲料水さえ確保が困難な地域もあるにも関わらず、

我々は高価な水道水を躊躇せず流しています。
 
これらの問題を解決するには、

一人ひとりが「節水」することが一番だと思われます。

特に「トイレの節水」は自分自身で制御ができない上に、

女性は1回につき1−2回の洗浄をします。

もしこの無駄を少しでも減らすことができれば、

環境問題にも大きく貢献できますし、

節水することで一番の利益を受けるのは我々利用者自身なのです。

 

 

経費削減・お気軽にお問い合わせください
起業プラス
経費削減テンプラス社長日記 1000円ホームページ・ジモトWEB